天然水とRO水

banner さて、ウォーターサーバーの中に入っている水ですが、基本的には、「天然水」と「RO水」という2種類に分けることが出来ます。
天然水は、その名のとおり、天然の地下水が入っています。出来るだけ汲みあげたものに、手を加えず、最小限の処理だけ行い、それ故に、天然の美味しさを味わうことが出来ます。所謂「生」で「フレッシュ」なので、開封後は早めに飲みきることが大切です。○○の名水、など、日本全国各地の名水から汲んできたというものもあります。一方RO水というのは、徹底的に不純物を取り除く処理がされているお水です。「純粋」なお水です。要するに水の分子以外が殆ど入っていないものです。衛生面から見ると、例えば赤ちゃんのミルク用としては、このRO水が適していると言えます。因みにこのROの名前の由来は、処理過程の最後の方で、最終的に不純物を取り除くためにRO膜というものを使用することから来ているようです。
よく混同されがちですが、このように天然水とRO水は全く別物。「ミネラルウォーター」は「天然の水」、「ピュアウォーター」は「純粋な水」という訳です。このように、水にもいろいろな種類があるので、自分に合った水を選ぶことが大切ですね。

注目コンテンツ

ウォーターサーバー登場!

記事をみる

ウォーターサーバーの基礎知識

記事をみる

天然水とRO水

記事をみる

Copyright(c) お猿さんでもわかるウォーターサーバー大辞典。. All Rights Reserved.