お水のお国事情

banner ウォーターサーバーが欧米生まれということはお話ししました。欧米で生まれたということは、やはり欧米、そして海外の水事情に大きく関係しているということです。今回は、世界のお水事情についてお話ししたいと思います。
日本ではほぼどこでも、蛇口を捻ればお水が出てきます。しかも、透明できれいなお水です。この「透明」で「きれいな」お水が出てくる、というのは、実は世界では大変貴重なことなのです。発展途上国などの地域では、無色透明な水というのはまだまだ珍しく、人々は茶褐色の水を飲み水としているのです。世界には、上下水道の設備が整っていない地域が、現代においても、まだまだ沢山あります。上下、特に下水道の設備が整っていない地域では、飲み水の質が大変問題になっています。飲み水による伝染病のアウトブレイク(集団感染、感染の爆発的被害)が大変問題になっています。特に、そのような飲み水での子供の伝染病感染、そして死亡率は深刻で、飲み水の環境整備、ひいては生活環境の整備が叫ばれています。
このように、世界ではまだまだ飲み水の環境が劣悪な地域も多く、私たちの住む日本は、水の環境は大変恵まれたものと言えます。美味しい水をいつでも飲むことが出来る。私たちはこの「当たり前」という思いを改め、水資源を大切にしていかなくてはいけませんね。

注目コンテンツ

ウォーターサーバー登場!

記事をみる

ウォーターサーバーの基礎知識

記事をみる

天然水とRO水

記事をみる

Copyright(c) お猿さんでもわかるウォーターサーバー大辞典。. All Rights Reserved.